LinuxでWordPressクラスタ その3 (Pacemaker+corosync+DRBD+MySQL+Apache) 1


前回からの続き

■wordpressインストール
 http://server-setting.info/blog/lamp-wordpress-centos7.html
  chown -R apache: /var/www/html
  chown -R apache: /mnt/drbd/html  
  chmod 775 -R /var/www/html
  chmod 775 -R /mnt/drbd/html

■DRBD再同期
 作業中一度スプリットブレインになると以降同期されないので、それを戻す
 http://hogem.hatenablog.com/entry/20080706/1215341445
 
むしろ構築終わるまでは、2号器を殺しておいてもいいかも。
自分はそれでやってました。

ここまでやったら障害試験をやってみる。
ちゃんとWordpressで更新したデータが、1号機障害時でも
2号機側で見えているはず。
ちなみにここまでいくのに50時間くらいかかってます・・・

■Sophosの設定

せっかくなので、SophosにはHTTPSプロキシになってもらいましょう。
こんな感じでプロトコル変換をしてもらいます。

GW-20150913-004831

WAFの設定はこんな感じ。FWで穴あけもしてきます。

3

4

※フォームバードニングはチェックを外さないとうちの環境では
 うごきませんでした。

5

続く


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “LinuxでWordPressクラスタ その3 (Pacemaker+corosync+DRBD+MySQL+Apache)