VAIO Z21使ってみた感想【VPCZ21AJ】 1


2016-04-18 08.20.02

■画面
画面がなんか白っぽくて文字が見にくいです。
初代Zからだんだんコントラストが下がっていってるような気がします。
FuullHD解像度だから輝度が下がるのは仕方ないとしても、
これは明らかに劣化です。

■バッテリー
3時間は余裕で持ちます。

■入力
最初は打ちづらいと感じるキーボードなのですが、
これが不思議で、だんだん使っていくと手が慣れてきて滑らすように
打ち込むとスラスラ文字入力ができます。

タッチパッドはいまいちです。
これも初代が一番よくて劣化していってます。
タッチパッドって意外と軽視されるんだけど、結局のところモバイルなら
一番イラつき度が測れるデバイスでMacbook Airがこれだけ広まったのは
入力デバイスの性能もあるんだと思う。
SONYも昔はタッチパッドにこだわっていたんだけど、この世代からはダメだね。

■性能
3.3GHz駆動だと、SONARのデモファイルを再生させた時CPU利用率が
25%なんですね。VAIOタップだと40%くらいだったから
重量級の作業があるときにはいいかも。

■騒音
これがひどい。最高回転だとものすごい爆音です。
音は2代目Zよりも大きく、耳障りです。

Z9x ブォオーン!!
Z1x ブーン!
z2x キィぃーん!

という感じです。先代よりもファンを小さく、2基つけやがったせいで
体感的には退化したような気がしてます。

■持ち運び
フラットデザインは持ち運びしやいです。

■結論

第3世代VAIO Zはクソ。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “VAIO Z21使ってみた感想【VPCZ21AJ】