【SophosUTM9】スプリットトンネリングの設定 1


PCをSSL-VPNでリモート接続した際、WEBフィルタリングの機能が
効いておらず、インターネットへはSophosを介さず出ていってました。

UTM導入でセキュリティを高めたいので、全ての通信を一旦センター側に
集中させてSophosUTMを介してインターネットに繋がるにしたい設定。

所謂スプリットトンネリング。
かっこいい名前になってるけど、ようはルーティング。
SSL-VPN接続時に、クライアントのルーティングテーブルをどう書き換えるかを制御します。
設定画面はこちら。

GW-20160507-225115

ローカルネットワークをAnyにすることで、SSL-VPN接続時に
PCのデフォルトルートがトンネルIFになります。
ここでセンター側のネットワークアドレスだけ書くと、その宛先ルートだけが
トンネルに向きます。

GW-20160507-230025


Yuya Sadasue にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “【SophosUTM9】スプリットトンネリングの設定