PHPでも勉強するか! その10 ニコ動再生数ツイート by ZABBIX 3


前回のあらすじ
PHPでも勉強するか! その4 ニコ動再生数グラフ

ZABBIXでニコ動の再生数グラフを作りました。
今回は一定の再生数を超えたらツイートするスクリプトを仕込みます。

■今回のお題

スクリーンショット 2016-06-05 15.01.23

■■1 アラートスクリプト

アクションで指定するPHPファイルはこんな感じです。
引数をツイートするという超かんたんな内容です。

[root@wiki-web-2 ~]# cd /usr/lib/zabbix/
[root@wiki-web-2 zabbix]# cd ./alertscripts/
[root@wiki-web-2 alertscripts]# ll

-rwxrwxrwx 1 zabbix zabbix  723  5月 29 22:43 2016 alert-tweet_freeword.php

[root@wiki-web-2 alertscripts]#
[root@wiki-web-2 alertscripts]#
[root@wiki-web-2 alertscripts]# cat alert-tweet_freeword.php
#!/usr/bin/php
<?php

// OAuthライブラリの読み込み
require "/usr/lib/zabbix/alertscripts/alert-tweet/autoload.php";
use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth;

//認証情報4つ
$consumerKey = "XXXXXXX";
$consumerSecret = "XXXXXXX";
$accessToken = "XXXXXXX";
$accessTokenSecret = "XXXXXXX";

//接続
$connection = new TwitterOAuth($consumerKey, $consumerSecret, $accessToken, $accessTokenSecret);

$date = time() ;
$nowtime = date( 'H:i' , $date ) ;


$body = $argv[1]  . " [" . $nowtime . "]" ;

//ツイート
$res = $connection->post("statuses/update", array("status" => $body ));




[root@wiki-web-2 alertscripts]#

■■2 トリガー

アイテムの設定は前回やったことので割愛。

スクリーンショット 2016-06-05 15.04.14
こんな感じ。とりあえず15000再生以上になったら警告。
トリガー名は[ニコ動]と頭につけておき、他のトリガーと識別をわけられるように。

■■3 アクション

スクリーンショット 2016-06-05 15.04.35
名前は適当で。

スクリーンショット 2016-06-05 15.04.38
ニコ動という文字を含ませる

スクリーンショット 2016-06-05 15.05.39
引数につぶやきたい文字と動画のリンクを指定する。

トリガーを設定するとグラフにトリガー値が横線で表示されるようになります。

スクリーンショット 2016-06-05 15.20.25

一番最初の画像の通り、一定再生数を超えるとツイッターでつぶやかれました。
再生数だけじゃなくて、お気に入り数やコメント数を監視してもいいかもしれませんね。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

3 thoughts on “PHPでも勉強するか! その10 ニコ動再生数ツイート by ZABBIX