小田原謎みかん その名も「はるね」。春の音色を感じさせるスーパー希少種【浦井会長】  


大好きな朝ドレファーミで謎みかんを発見。

種別が”その他中晩柑”と書いてあり非常に興味をそそる。
その名も「はるね」。

はるね

はるか
はるみ
・・

はるね

と来ましたか。春の柑橘らしく「春音」とでも書きましょうか。
それともただ単純に小田原ハルネと掛けたのか。

ちなみに作ってる農家さんはこちら。

JAかながわ西湘・湘南ゴールド技術研究会の会長を務める
浦井 貫之さん
http://www.townnews.co.jp/0607/2011/02/19/94466.html

品種登録されていないようで、どうやら浦井会長のオリジナルみかんの模様。
ひや~、みかんの創造主様やで。

味は手でむけるいよかんというイメージ。
ただ剥きにくく、白い部分がたくさん身についたままになってしまいます。
こぶりで水気は少なめ。
水気が少ないみかん大好き。サクッサクッとという食感が好き。
外国のオレンジに比べて、日本の中晩柑って水気が少ないせいか
味が濃いというのが全体的な印象。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください