【Fortigate】SSL-VPNでちゃんとした証明書を使う手順【GMO】その4 


前回の続き

■■■■おおまかな流れ■■■■
■1 固定IPを取得する(とらなくてもいい)
■2 お名前.comでドメイン名を取得する
■3 Fortigateにホスト名とドメインを設定
■4 お名前.comでAレコードにFortigateのWAN IP を登録
■5 お名前.com でadmin@kokoronfe.shop のメール転送設定をする
■6 Fortigateで証明書要求(CSR)を生成する
■7 SSL証明書を申し込む
■8 承認メールが来るのでポチッと承認
■9 お名前.comで証明書をDLする
■10 Fortigateで証明書をインポートする
■11 VPN>SSL>設定>サーバ証明書でインポートした証明書を選択する
■12 SSL接続をすると、エラーが消えてAlphaSSLが発行した証明書になる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■10 Fortigateで証明書をインポートする

証明書画面でインポートをする。
ローカル証明書でPEM形式の証明書ファイルをインポート。

ステータスがPendingからOKになる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■11 VPN>SSL>設定>サーバ証明書でインポートした証明書を選択する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■12 SSL接続をすると、エラーが消えてAlphaSSLが発行した証明書になる

お疲れ様でした!
これでSSLサーバ証明書の組み込みはばっちりですね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください