DAW使いのわい、プライドを捨てて光るキーボードを買う 


久しぶりに音楽機材の購入。

シンセサイザー、ちょっと前の機種は中古で安くなっているものの
とにかく重い。やっぱり気軽にひょいと動かせる重さが良くて、最近の軽いシンセを見ると
49兼ばかり。TRITON Taktile とかかなりほしかったけど。

61鍵ですぐに音が出せて軽くて安いものを探したところ
CASIOの光るキーボードが。
プライドを捨ててピアノが弾けるようになることを目的に購入しました。

実際弾いてみると思ったより悪くないです。
タッチも安いMIDIキーボードより遥かにマシ。
光るというだけでちょっとテンション上がります。

ただ光ナビゲーションよりも付属の楽譜見たほうが早いという・・

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください