【vmware2ノードvSAN導入記録】02 ライセンス注意点、スケールアウトの幻想 


vmware連載コラム

今流行りのvSAN2ノード構成を導入した際、苦労したのまとめ

【vmware2ノードvSAN導入記録】01 HCIを取り巻く現状
【vmware2ノードvSAN導入記録】02 ライセンス注意点、スケールアウトの幻想
【vmware2ノードvSAN導入記録】03 かかった費用と見積もり時のチェックポイント
【vmware2ノードvSAN導入記録】04 納品編
【vmware2ノードvSAN導入記録】05 構築編
【vmware2ノードvSAN導入記録】06 障害時動作
【vmware2ノードvSAN導入記録】07 DELLサポート利用時
【vmware2ノードvSAN導入記録】08 ZABBIX登録

———————————————————-

【vmware2ノードvSAN導入記録】02 ライセンス注意点、スケールアウトの幻想

■はじめに
HWとは別に買わなければならないvmwareライセンスは

vSphere Essentials Plus+vSAN Standard 

もしくは

“HCI Essentials Kit”

となります。

■必要になるライセンス

vSAN2ノード構成を買おうとするとライセンスは以下になります。
 
 ①vSphere Essentials Plus x1本
  -vCenter for Essentialsがバンドル
   ESX管理可能台数は3台まで(実行ノード2台とvCenter用ノード1台で消費しきる)
  -6CPUバンドル
   -実行ノード2台とvCenter用ノード1台すべてを2 Socket搭載ができる
  -vMotionはできるがProactive HA、FTはできない。(ちなみにvmwareの人もFTは推奨しない模様)
  -Storage vMotionができない
   
 ②vSAN Standard x2本
  -重複排除、圧縮機能無し。
   ここがNutanix,SimpliVityに大きく負けるポイント。実行ノードの搭載CPUの数だけ買います。

 
“HCI Essentials Kit”を選択する場合、vSANが6CPU分バンドルになるので
値段がかなり高くなります。

■CPUのSocket数の注意点

素人は絶対 2 Socket にしないでください!くっそ面倒くさいです。
たくさんコアがほしくてもXeonの18C/36Tで我慢してください。
それよりCPUパワーほしいなら本当のHCIに行ってください。
それくらい2Scoketはオススメしません。今後すべての購入品に
CPUライセンスが関わってきます。

■WindowsServerVMを4台立てる見込みがある場合

Datacenter Editionを買ってください。
初期費用はちょっと高くつくけど、ライセンス違反に怯えるよりずっと増し。
WindowsServerを4台立ててれば元が取れます。

■vSAN 2ノード構成のデメリット

安く導入できる仮想基盤クラスタというこで、2018年に入りベンダー各社が
一斉に売り込んでおりますが、”なんちゃってHCI”なので要注意。

・貧乏人に合わせ無理やり敷居を下げたのでWitnessという仮想マシンを
 立てる手間が増えシステム構成が複雑に。

・スケールアウトが実質不可能。
もし3ノードにスケールアウトしたい場合、次の課題が発生。

 ★vSphere Standardライセンスを買い足し
 ★vSphere StandardにはvCenterServerライセンスが付属しないので、vCenterServer Standardを買うか、
  もしくはパッケージの”vSphere Standard Acceleration Kit”を買う。
 ★10Gスイッチ →直結できないので買い足し
 ★vSANの構成変更 →かなりの工数と稼働システムのダウンタイム
 

続く

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください