【初心者向け】 簡単BGP講座 5.as-pathを入れよう


■基礎編
 1.はじめに
 2.構成説明
 3.基本Configを入れてみよう
 4.ステータスを確認しよう

■アレンジ編
 5.as-pathfilterを入れよう
 6.prefix-listを使おう
 7.Configをグループ化
 8.LocalPreference値で経路制御してみよう
 9.VRRP Trackingを組み合わせよう
 10.MED値でお願いしてみよう
 11.NATを併用してみよう

■再配送
 12.Staticを再配布しよう
 13.BGPをOSPFに再配布しよう
 14.OSPFをBGPに再配布しよう


#####################################################

今回の基本構成(おらさい)

自拠点の出入口はルータAを基本とする。重み付けにはweight値を採用。

GW-20140105-104333


#####################################################


先に記載済みの基本Configでも接続は可能ですが、
商用環境でBGPを使う時、一番気を使うべきがフィルタです。
2種類のフィルタを設定するのが一般的です。

as-path filter
 このASの情報は流す、このASはダメ。と言ったAS単位のフィルタ

prefix-listまたはaccess-list
 このネイバーにはこのセグメントだけ流す。と言ったセグメント単位のフィルタ




例えば拠点が増えて3つになった時、








このように複数のBGP接続がある場合、フィルタ制御をしないと
関係ないルート情報を配信してしまいダダ漏れ状態になります。










ということで、”外部ASには自拠点の情報のみ配信する”という実装をしてみます。





■実装

ルータC
(config)# ip as-path access-list 1 permit ^$
(config)# router bgp 30000
(config-router)# neighbor 10.3.3.1 filter-list 1 out


ルータD
(config)# ip as-path access-list 1 permit ^$
(config)# router bgp 30000
(config-router)# neighbor 10.5.5.1 filter-list 1 out


Config解説
as-pathフィルタでは、正規表現を使って対象を決めます。
「^$」というのは、”自身のAS情報のみ”という意味です。
それをネイバーに対しoutboundで設定します。

他の正規表現については、色々ありますが、これを覚えていけば
たいていは乗りきれるかと思います。







■Config

part5.ルータA_config

part5.ルータB_config


※両機でOS Verが違うため、一部投入してるのに非表示になるConfigがあります。
 ルータA・・15.1
 ルータB・・12.4




次はもうひとつのフィルタ、prefix-listまたはaccess-listです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください