【初心者向け】 簡単BGP講座 6.prefix-listを使おう


■基礎編
 1.はじめに
 2.構成説明
 3.基本Configを入れてみよう
 4.ステータスを確認しよう

■アレンジ編
 5.as-pathfilterを入れよう
 6.prefix-listを使おう
 7.Configをグループ化
 8.LocalPreference値で経路制御してみよう
 9.VRRP Trackingを組み合わせよう
 10.MED値でお願いしてみよう
 11.NATを併用してみよう

■再配送
 12.Staticを再配布しよう
 13.BGPをOSPFに再配布しよう
 14.OSPFをBGPに再配布しよう

#####################################################

今回の基本構成(おらさい)

自拠点の出入口はルータAを基本とする。重み付けにはweight値を採用。

GW-20140105-104333

#####################################################

BGPにおいてフィルタの設定は極めて重要な設定になります。
例えば下記のように外部サイトが複数になり、それぞれでNATが必要だったり
配信するサービスセグメントが違ったりした場合、

GW-20140105-041534

as-path filterは、AS単位の制御しかできないため、
このような場合は、prefix-listを設定します。
これもas-path filter同様、重要なフィルタオプションです。

■実装

ルータA/B
AS20000に配信するセグメントを定義する
(config)# ip prefix-list AS20000-haihu-list seq 10 permit 192.168.200.0/24
(config)# route-map AS20000-bgp-list permit 10
(config-route-map)# match ip address prefix-list AS20000-haihu-list

AS40000に配信するセグメントを定義する
(config)# ip prefix-list AS40000-haihu-list seq 10 permit 192.168.201.0/24
(config)# route-map AS40000-bgp-list permit 10
(config-route-map)# match ip address prefix-list AS40000-haihu-list

それぞれのネイバーに紐つける
(config)#router bgp 30000
(config-router)# neighbor 10.3.3.1 route-map AS20000-bgp-list out ★
(config-router)# neighbor 10.9.9.1 route-map AS40000-bgp-list out ★
 ★ルータBはネイバーIPを書き換え

■設定変更をしたら
clear ip bgp *
clear ip route *
を実行してプロセスを再起動しよう。アトリビュートがBGPテーブルに残って変な動きをしてしまうぞ☆

■ステータス確認

AS20000側ルータ

192.168.200.0/24のみ取得している。

AS40000側ルータ

GW-20140105-051341

192.168.201.0/24のみ取得している。

■Config

part6.ルータA_config

part6.ルータB_config

※両機でOS Verが違うため、一部投入してるのに非表示になるConfigがあります。
 ルータA・・15.1
 ルータB・・12.4

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください