【初心者向け】 簡単BGP講座 9.VRRP Trackingを組み合わせよう 5


■基礎編
 1.前振り
 2.構成説明
 3.基本Configを入れてみよう
 4.ステータスを確認しよう

■アレンジ編
 5.as-path filterを入れよう
 6.prefix-listを使おう
 7.Configの書き方を工夫してみよう(グループで束ねる)
 8.Local Preference値で正副制御してみよう
 9.VRRP trackを組み合わせよう
 10.MED値でお願いしてみよう
 11.NATを併用してみよう

■再配送
 12.Static情報を再配布しよう
 13.BGP情報をOSPFに再配布してみよう
 14.OSPF情報を再配布しよう

#####################################################

今回はBGPではないですが、障害時の通信フローを見なおしてみましょう。
最初の2.構成説明で記載をしましたが、主系回線障害時の通信フローについてです。

GW-20140105-001724

host1からの通信
1.VRRP MasterのルータAに到達
2.ルータAはWAN側経路が使えないので、iBGP渡りでルータBに
3.ルータBもiBGPで障害検知、nexthopをWAN側経路に変更し外部サイトへ転送

この経路はあまり効率がよくありません。

もちろんこれは現場の設計思想によりけりで、障害時の状態変遷を
最小限に食い止める、ってポリシーである場合もありますので一概に良し悪しを
言えるものではありません。

■要件

VRRP Trackオプションを使ってこのような経路にしましょう。
行戻りの経路も同じになりますしね。

GW-20140105-113718

■実装

ルータA

interface Vlan200
vrrp 10 track 1 decrement 10

track 1 interface fastEthernet 0 line-protocol

fa0が落ちたらVRRPのPriorityを10下げる。10下げると105から
95に下がるので2号機にMasterが寄る。CiscoのVRRPは自動でpreemptが機能する。
逆に無効化したい場合はno vrrp 10 preempt。

■Config

part9.ルータA_config

※OS Verにより一部投入してるのに非表示になるConfigがあります。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

5 thoughts on “【初心者向け】 簡単BGP講座 9.VRRP Trackingを組み合わせよう

  • カツカレー

    fa0がリンクアップしているが通信できない状態であった場合、どういった動きになりますか?

    • もーもー太郎 Post author

      >カツカレーさん
      fa0でBGPパケットが受け取れない場合、BGPタイマー値に従って図中のような迂回経路に切り替わりますよ。

      • カツカレー

        トラッキングが正常に働いたうえで図中のような迂回経路に切り替わるのでしょうか?

        VRRPはリンクアップしているが通信できない状態だと両機アクティブになると聞いたことがありまして
        それと同様にトラッキングがうまく働かないのかなと思った次第でございます。
        そんなことはないですかね?

        • もーもー太郎 Post author

          >カツカレーさん
          Trackingはリンクダウンがトリガーとなって機能します。(この記事では)
          なので、fa0がリンクアップしているとTrackingは機能しません。
          混乱した時は初心に戻りOSI階層毎に何が動いているのかを整理すると良いかと思います。
          ①1層でXXが起こる→②XXパケットがXXへ届かない→③3層でXXが起こって→④経路が変わる、みたいな。

          VRRP両Masterは、副系ルータでVRRPパケットが受け取れないと発生しますよ。

          • カツカレー

            どうもいろいろとご丁寧に回答いただきありがとうございました。