【初心者向け】 簡単BGP講座 12.Staticを再配布しよう


■基礎編
 1.はじめに
 2.構成説明
 3.基本Configを入れてみよう
 4.ステータスを確認しよう

■アレンジ編
 5.as-pathfilterを入れよう
 6.prefix-listを使おう
 7.Configをグループ化
 8.LocalPreference値で経路制御してみよう
 9.VRRP Trackingを組み合わせよう
 10.MED値でお願いしてみよう
 11.NATを併用してみよう

■再配送
 12.Staticを再配布しよう
 13.BGPをOSPFに再配布しよう
 14.OSPFをBGPに再配布しよう

#####################################################

ついに最終章までやってきましたね。
(第一回から順番に読んでくれてる人は少ないと思いますが(^_^;))
再配布、再配送。なるべくなら関わりたくないなーと思っていましたが
ルーティングにはこれが付き物。大規模なネットワークなら必ず使われます。
それでは最後の3回、気合を入れてやっつけちゃいましょう。

■要件

GW-20140105-210647

今まで設定したAS30000とAS20000に新たに手を加えます。
1.ルータA,BにLo1を作成、セグメントは192.168.201.0/24。IPは適当に振ります。
2.192.168.250.0/24,192.168.251.0/24の2つのセグメントが、
 Lo1の先に存在すると仮定し、Staticルートを両ルータに追加します。
3.既存でBGPで接続しているAS20000に対し、192.168.251.0/24のStatic情報のみBGPで再配送する。

■実装 

ルータA,B

interface Loopback1
ip address 192.168.201.1 255.255.255.0
→Lo1を作成、IPを設定

ip route 192.168.250.0 255.255.255.0 Loopback1
ip route 192.168.251.0 255.255.255.0 Loopback1
→Staticルートを追加

ip prefix-list AS20000-haihu-list seq 30 permit 192.168.251.0/24
→AS20000への配布許可リストに、192.168.251.0/24を追加

router bgp 30000
redistribute static
→BGPプロセス内でStaticを配布するように指定

■ステータス確認

ルータCで192.168.251.0/24が配送されていることを確認
(12行目、28行目)

2621XM-C#
2621XM-C#show ip bgp
BGP table version is 158, local router ID is 172.16.100.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal,
              r RIB-failure, S Stale
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
*> 10.111.222.32/28 10.3.3.2                 0             0 30000 i
*> 172.16.100.0/24  0.0.0.0                  0         32768 i
*> 192.168.200.0    10.3.3.2                 0             0 30000 i
*> 192.168.251.0    10.3.3.2                 0             0 30000 ?
2621XM-C#
2621XM-C#
2621XM-C#show ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.100.0 is directly connected, Vlan100
B    192.168.251.0/24 [20/0] via 10.3.3.2, 00:00:42
B    192.168.200.0/24 [20/0] via 10.3.3.2, 00:01:16
     10.0.0.0/8 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
C       10.3.3.0/24 is directly connected, FastEthernet0/0
B       10.111.222.32/28 [20/0] via 10.3.3.2, 00:01:16
2621XM-C#
2621XM-C#

■Config

part12.ルータA_config

part12.ルータB_config

※両機でOS Verが違うため、一部投入してるのに非表示になるConfigがあります。
 ルータA・・15.1
 ルータB・・12.4

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください