【初心者向け】 簡単BGP講座 13.BGPをOSPFに再配布しよう


■基礎編
 1.はじめに
 2.構成説明
 3.基本Configを入れてみよう
 4.ステータスを確認しよう

■アレンジ編
 5.as-pathfilterを入れよう
 6.prefix-listを使おう
 7.Configをグループ化
 8.LocalPreference値で経路制御してみよう
 9.VRRP Trackingを組み合わせよう
 10.MED値でお願いしてみよう
 11.NATを併用してみよう

■再配送
 12.Staticを再配布しよう
 13.BGPをOSPFに再配布しよう
 14.OSPFをBGPに再配布しよう

#####################################################

■はじめに

今回はOSPFが登場するということで、今までの検証でルータEは
AS40000としていましたが、シングルエリア、Area0のOSPF構成に変更します。
ルータC,Dの設定は変わらずです。ルータA,BとルータE間はOSPFで接続を済ませておきます。

GW-20140105-215623

これに伴い、ルータA,BのルータEに対するBGP関連設定を削除しておきます。

■今回の要件

GW-20140105-220224

AS20000の172.16.100.0/24は現在BGPで自拠点内にアドバタイズされている。
それを他拠点AへOSPFにて再配布する。

■実装

ルータA,B

router ospf 1
redistribute bgp 30000 subnets route-map bgp_to_ospf
network 10.11.11.0 0.0.0.255 area 0
→再配布のredistributeコマンドには必ず”subnets”オプションを追記する。
 サブネットが配送されないため。
 どのBGPルートを再配布するかはroute-mapでフィルタする。
 2号機はnetworkアドレスを読み替えて投入。

route-map bgp_to_ospf permit 10
match ip address prefix-list bgp_to_ospf-list

ip prefix-list bgp_to_ospf-list seq 10 permit 172.16.100.0/24
→route-map,prefix-listで許可するネットワークアドレスを記載

■ステータス確認

ルータEで172.16.0.0/24が配送されたかを確認

再配布されたルートは外部ルートE2でおk

2610-E#
2610-E#show ip route
省略
Gateway of last resort is not set

C    192.168.93.0/24 is directly connected, Loopback2
     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O E2    172.16.100.0 [110/1] via 10.9.9.2, 00:01:32, Ethernet0/0
C    192.168.94.0/24 is directly connected, Loopback1
     10.0.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C       10.11.11.0 is directly connected, Ethernet1/0
C       10.9.9.0 is directly connected, Ethernet0/0
2610-E#
2610-E#

ちなみにルータE側ではOSPFルートの制御を何もしていないので、
ルータBでは 172.16.100.0/24 はルータEからももらってしまう。
OSPFとiBGPのADを比較し優先度によりOSPFルートを採用しているが今回は無視する。

1812J-B#
1812J-B#show ip route
省略
C    192.168.150.0/24 is directly connected, FastEthernet1
     192.168.93.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       192.168.93.1 [110/2] via 10.11.11.1, 01:20:05, Vlan11
     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O E2    172.16.100.0 [110/1] via 10.11.11.1, 00:05:37, Vlan11
     192.168.94.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       192.168.94.1 [110/2] via 10.11.11.1, 01:20:05, Vlan11
S    192.168.251.0/24 is directly connected, Loopback1
C    192.168.200.0/24 is directly connected, Vlan200
S    192.168.250.0/24 is directly connected, Loopback1
C    192.168.201.0/24 is directly connected, Loopback1
     10.0.0.0/8 is variably subnetted, 4 subnets, 2 masks
C       10.11.11.0/24 is directly connected, Vlan11
O       10.9.9.0/24 [110/11] via 10.11.11.1, 01:20:08, Vlan11
C       10.5.5.0/24 is directly connected, FastEthernet0
S       10.111.222.32/28 is directly connected, Vlan200
1812J-B#

■Config

part13.ルータA_config

part13.ルータB_config

※両機でOS Verが違うため、一部投入してるのに非表示になるConfigがあります。
 ルータA・・15.1
 ルータB・・12.4

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください