【時代はPCDJへ】パイオニアDJ機器の終焉 3


パイオニア、DJ機器事業も売却へ 金額600億円規模=関係者

パイオニアのDJ機器と言えばトップシェアで定評もあります。
売却する必要がどこにあるのだろうか。

電子楽器って日本のメーカーが結構シェアを握っていて
個人的には日本の誇れる産業だと思っただけに
今回の事業売却はとてもショックです。

時代はPCDJ。
高価なターンテーブルとミキサーはもう必要なくて
ノートパソコンとちゃちなコントローラーが一個あればいい。
特に家で楽しむ分には機材を買い揃える人は少ないんだろうな。


manafuro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

3 thoughts on “【時代はPCDJへ】パイオニアDJ機器の終焉